不満の冬 そして支持を失う労働党

不満の冬 そして支持を失う労働党

不満の冬 鉄道も学校も、病院すらも休業

1979年1月の「行動の日」は、
50年ぶりのゼネストとなった。

 

TGWU(運送業労組)は1月3日から
タンクローリィの運転手のストを指令し、
ガソリンも灯油も無くなった。

 

また運輸倉庫業労働者にもストの指令を出したため、
イギリスの陸運の80%がストップした。

 

TGWUの活動家は、モノを運ぼうとするトラックを妨害し、
港湾や石油精製施設、道路にもピケットラインを張り、
物流を徹底的に止めるという戦術に出たのだ。

 

そのためイギリス全土の物流はTGWUの手に落ち、
100万人以上の労働者が一時帰休に追い込まれ、
工場生産も止まってしまった。

 

このため、保守党の党首となっていたマーガレット・サッチャーは、
なぜ彼らに道路を封鎖する権利があるのか」と憤った。

 

鉄道も止まってしまい、
救急車や看護師や病院の補助スタッフも
ストに参加したので開店休業状態。

 

またゴミ収集の作業員もストを始めたため、
地方自治体は公営の公園をゴミ置き場にせねばならず、
ロンドンのウエストエンドには、ゴミがうずたかく積み上げられた。

 

ゴミが処分されずに放置されたままのため、
ネズミが集まってきて、きわめて不衛生な状態になった。

 

またリバプールでは墓掘り人がストを始めたため、
埋葬予定の死体がどんどん溜まっていき、
このままでは遺体を海に捨てざるを得ないと言う状況になった。

 

これらのストは、2月の下旬まで続いたが、
イギリス国民は寒さと怒りに震え、
この冬を「不満の冬」と呼んだ。


スポンサードリンク

労働組合の暴挙で、支持を失い始める労働党

1978-79年の冬、
大規模なストがイギリス全土を覆い、
イギリスは1ヶ月に渡って経済活動が麻痺した。

 

ガソリンや灯油もなくなり、鉄道も止まった。

 

給食のおばさんなどもストに参加したため、
学校も休校に追い込まれた。

 

無料医療を誇る国営病院も、
看護師や補助スタッフがストに参加したため、
半分の病院が、緊急患者にしか対応できなくなった。

 

そして急患を運ぶ救急車の運転手もストを始めたため、
半分の病院が開店休業の状態になった。

 

一方、ゴミ収集の作業員もストを始めたため、
ロンドンもゴミだらけになり、ネズミが走り回った。

 

1978年にストで失われた労働時間は、のべ930万日であったが、
1979年には2947万日に達した。
つまり前年の3倍もストのために経済が止まっていたことになる。

 

イギリス国民は寒さと怒りに震え、この冬を「不満の冬」と呼んだ。

 

「不満の冬」というのはシェークスピアの
「リチャード3世(の悲劇)」という劇の冒頭に出てくるセリフだそうだ。

 

そしてキャラハン労働党の支持率も、
78年1月には保守党を5%上回っていたものの、
79年1月には保守党に逆転されてしまう。

 

というのも保守党・党首のマーガレット・サッチャーが、
第二次世界大戦後の労使協調体制はもはや終わったとして
ローリィ・ドライバーのストのさなかに、
労働組合の力を大幅に制限する案を提案したのだ。

 

その結果、1月の調査で7%であった支持率の差は、
2月の調査では保守党の支持率が労働党を20%も上回ることになった。

 

NEXT:マーガレット・ロバーツ ハイエクに傾倒する


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加