アトリー労働党政権 基幹産業・医療の国有化

アトリー労働党政権 基幹産業・医療の国有化

イギリス下院議員選挙 有権者数と労働党得票率の推移

第一次世界大戦で人手が必要となり、
男は戦場へ、女は工場へと駆り出された。

 

ドイツの潜水艦攻撃によって、
壊滅的な被害を被ったイギリスは、
国を挙げての総力戦で国土を防衛する。

 

戦争で必要なのは国民の団結であり、
戦争に戦い抜くための国民の同意である。

 

そのためにイギリス議会は1918年に、
貴族や犯罪者を除く
21歳以上の男子全員に選挙権を認め、
さらに一部の女子の選挙権も認めることになる。

 

これによって有権者数は約770万人から、
3倍にもなる約2,100万人まで増えた。

 

それに伴って労働党の得票率も、
6.8%から20.8%へと3倍にシェアを増やした。

 

また1928年の選挙法改正では、
21歳以上の男女に平等に選挙権を認め、
有権者数は2,800万人を越えた。

 

翌年の選挙で労働党は37.1%の得票を集め、
615議席中の287議席を獲得して、ついに第一党となった。

 

第二次世界大戦が終結した1945年以降、
40%台の高得票率を保ち、何度も政権の座に就く。

 

こうして労働者階級の増大に伴って、
得票率を伸ばしてきた労働党であったが、
1970年から様相が一変する。

 

1970年以前は有権者数の増加に伴い、
労働党の得票率も上昇し続けてきたが、
1970年を境にして、有権者が増えているのにもかかわらず、
労働党の得票率がどんどん下がっていくのだ。

 

1900年にたった2議席からスタートした労働党は、
なぜ国民の支持を集めて政権まで獲得できたのに、
国民から見放されていったのだろうか。

 

そこには社会主義の矛盾と、新しい階級の登場があった。

 

イギリス下院議員選挙 有権者数と労働党得票率の推移

イギリス下院議員選挙 有権者数と労働党得票率の推移


スポンサードリンク

クレメント・アトリー 労働党単独安定政権スタート

1945年第二次世界大戦が終結し、
保守党と労働党の挙国一致内閣が解消、
7月に下院議員選挙が行われることになった。

 

戦争中、指揮していたのは、
保守党のウインストン・チャーチルであったが、
厭戦感からか保守党の得票率は伸びず、
得票率36.2%で192議席に留まった。

 

一方、労働党は結党以来、最高得票率48%を記録し、
640議席中393議席を獲得して政権を獲得した。

 

新しい首相には労働党のクレメント・アトリーが就任し、
初代党首のラムゼイ・マクドナルド以来、
2人目の労働党首相となった。

 

以前のマクドナルド内閣は自由党との連立だったり、
過半数の議席を持たない政権であったため、
マニフェストで訴えた政権公約を充分実行できなかった。

 

しかしアトリー内閣は初の労働党単独安定政権であり、
労働党の真価が問われる5年間となる。

 

アトリーはまず、石炭、鉄道、通信など基幹産業を国有化した

 

これは戦争のためにすでに国有化同然に扱われていたのだが、
国有化してイギリス復興を優先させる狙いがあった。

 

1948年には、国家健康保険制度を作り、
医師を公務員あつかいすることで、医療費を無料化した

 

また公営住宅を100万戸以上建設し、
義務教育も1年延長、奨学金制度を作り、
労働者階級の子弟でも高等教育が受けられるように図った。

 

老人福祉も拡大し、国会議員の歳費も引き上げた

 

議員報酬を引き上げたことによって、
議員は組合などからの資金援助なしに活動できるようになった。

 

さらに国王ジョージ6世の反対を押し切って、
すでに赤字経営になっていた大英帝国の植民地を整理し、
インドとパキスタンを分離して独立させた。

 

NEXT:マニフェストと立候補者の言うことが違っている政党は信用されない


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加