産業革命とロンドンの人口爆発

イギリス労働党誕生の百年前、つまり19世紀のイギリスは、人口爆発の時代だった。

 

イギリスの産業革命は、1760年代から1830年代の70年間に起こったとされているが、それに先立つ数十年に渡る農業革命で、農業生産が増えて人口が急増したのだ。

 

ロンドンの人口が、どのように増えたのか、ターシャス・チャンドラーの推計で見てみよう。

 

大ロンドンの人口は、1600年には18.7万人ほどだったモノが、1700年には55万人に増え、1800年には80万人と4倍に増えた。

 

さらに1850年には232万人、1900年には650万人まで急膨張した。

 

つまり300年で、人口が35倍にもなっていて、グラフを作ってみてもとんでもない増加率だ。

 

(現在は約830万人)この急激に増えた人口が、イギリスの社会や議会に、大きな変化をもたらすことになる。

 

労働者階級の台頭だ。

 

グレーター・ロンドン(大ロンドン)の人口推移
ロンドンの人口推移
ロンドンの人口の推移(1600年以降)
西暦1600年1650年1700年1750年1800年1850年1900年
ロンドン187,000410,000550,000676,000861,0002,320,0006,480,000
江戸60,000500,000688,000694,000685,000780,0001,497,000
北京706,000470,000650,000900,0001,100,0001,648,0001,100,000



ラッダイト運動とロバート・オウエン

農業革命と産業革命によって、人口が急増した19世紀のイギリス。

 

首都のロンドンの人口は、1800年には86万人に達し、50年後の1850年には、230万人。

 

さらに50年後の1900年には650万人弱まで大爆発した。

 

増えた人口のほとんどは労働者であり、労働者人口は巨大な階層に成長したわけだ。

 

そして労働者人口の爆発的増加によって、イギリス各地では様々な事件が起こり、経営者と労働者の衝突も頻発した。

 

たとえば1810年代のランカシャー地方では、機械化による失業を怖れた手工業者が、織物機械を破壊するという「ラッダイト運動」が流行った。

 

ノッティンガムのネッド・ラッドという人物が、靴下製造器を破壊したといううわさが広まり、それを真似した機械破壊運動が各地に広まったのだ。

 

機械を破壊するのは経営者に不満を持つ労働者たちで、機械破壊は死罪という法律があるにもかかわらず、各地で機械の破壊活動は続き、実際に死罪になった者もいた。

 

ラッダイト運動自体は1810年代後半には沈静化するが、労働者の待遇改善や地位向上運動はさらに発展し、選挙権拡大や普通選挙実施を求める運動に発展していった。

 

一方、経営者側からも、労働条件に対する規制を唱えるモノが現れた。

 

それがウエールズ出身の実業家 ロバート・オウエンで、幼児や女性を酷使する工場経営者に対する規制が必要だと考え、工場法による就業規則制定に尽力した。

 

NEXT:霧の都ロンドンと大気汚染 ロバート・オウエンと博愛主義


このエントリーをはてなブックマークに追加