自由と平等は相容れない。民主党と共和党の対立点とは

自由と平等は相容れない。民主党と共和党の対立点とは

民主党と共和党は、何が違う?

共和主義とは何か。
まず思い浮かぶのはアメリカの共和党である。

 

アメリカの二大政党は、民主党共和党であるが
この二つの政党の主張を比べることが
共和主義のヒントになるかも知れない。

 

まず民主党というのは、労働組合を支持母体としていて
国民皆保険制度など、福祉充実を訴える
格差是正的な政策を主張する政党だ。

 

軍事支出を削減し、福祉支出を増やす事が多い。
自由と平等とでは、平等寄りの政策を採る

 

一方、共和党というというのは逆に、
軍事支出を増やし、福祉的支出を減らすことが多くて、
同性結婚や妊娠中絶に反対することで有名な政党だ。
自由と平等では、自由の方を重視する政策を採る

 

自由か平等かというのは、
欧米の民主政治のメインテーマであり、

  • 自由を重視するのが中道右派
  • 平等を重視するのが中道左派

というふうに、色分けされている。

 

自由を重視する政党は、政府支出を抑え
小さな政府」を実現しようとする場合が多く、

 

平等を重視する政党は政府支出を増やして
大きな政府」を作ろうとする。

 

自由を重視すると、なぜ小さな政府志向になるかというと、
民間への政府の関与を最小限に抑えようとするため、
ムダな(少なくともそう思われる)福祉予算や教育予算を削り、
減税によって景気を刺激しようとするからである。

 

また平等を重視すると、なぜ大きな政府志向になるかというと、
平等の名の下に民間への政府関与を大きくし
増税を行って福祉予算や教育予算を増額するからである。


スポンサードリンク

民主党と共和党は、なぜ対立するのか

アメリカにおける民主党と共和党の対立は、
現代のデモクラシーの最大の論点がそこにあるからだ。

 

欧米ではすでに政治というのは

  • 増税して福祉や教育にお金を振り向けるか
  • 福祉や平等を削ってでも減税して景気刺激するか

この二者択一という形に整理され、
これを軸に様々な政治課題が議論されているわけである。

 

しかしなぜこういう風な二択になっているのか、
我々日本人にとってはよく分からないことが多い。

 

日本では未だに、革新だ保守だというよく分からない分類で
政治や政策を考えているところがあるからね。

 

しかしそれは我々日本人が民主主義というモノに
まともに取り組んできていないと言うことかも知れないし、
また十年前後で政権交代が起こるという政治体制に
慣れていないと言うことかもあるだろう。

 

だから福祉や教育の予算を増やす政策が、
増税なしで行えるという主張をする政党があったり、
現在の年金制度や医療制度を維持したまま、
減税が可能であるというようなワケの分からない主張を
平気でする政治家が生き残っている。

 

さらに悪いことに不勉強なマスコミが、こう言う不勉強な政治家を、
平気でテレビなどに出演させてしまっているせいもあるだろう。

 

それはさておくとしても、自由か平等かという選択は、
現代デモクラシーの最大の論点であり、もっと簡単に言うと、

  • 怠け者に金を渡したらろくな事に使わない(→共和党・性悪説)
  • 弱者を救済するのにお金を出すのは当然だ(→民主党・性善説)

ってことだろうと思う。

 

また経済成長や景気に関しては、

  • 民間にお金を渡した方が有効な投資が行われる(→だから減税・共和党)
  • 政府がお金を集めて使った方が有効な投資になる(→だから増税・民主党)

と言うことになるだろう。

 

これはある意味、永遠の論争テーマであり、決着しにくいテーマだ。
だからこそどちらが正しいとは言えず、政権交代も起こるってわけだ。

 

NEXT:ヨーロッパの政治も自由vs平等

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

自由と平等は相容れない。民主党と共和党の対立点とは関連エントリー

眠りに就くデモクラシーと共和主義
ヨーロッパの政治も自由vs平等