バーナード・クリックの『デモクラシー』を読む

バーナード・クリックの『デモクラシー』を読む

バーナード・クリックの『デモクラシー』を読む記事一覧

デモクラシーとは、単なる言葉の飾り?

情報社会時代の民主主義。ここからはイギリスの政治学者であるバーナード・クリックの『デモクラシー』という書物から、民主主義の理屈を学ぶことにする。因みにこの本は、2002年にオックスフォード大学出版局から出版されたDemocracy: A Very Short Introduction(デモクラシー、...

デモクラシーとは、単なる言葉の飾り?

 

軍事政権や共産党がデモクラシーを叫びながら弾圧するわけ

デモクラシーというのは今までレトリック、すなわち言葉の飾りとして用いられてきた。デモクラシーとはギリシャ語のデモス(民衆、群衆)とクラトス(支配)という言葉をつなぎ合わせたものであって、「民衆による政治・統治」という、漠然とした意味しかない言葉だったのだ。その結果、軍事独裁政権であっても、共産主義独...

軍事政権や共産党がデモクラシーを叫びながら弾圧するわけ

 

最初のデモクラシーはアリストテレス?

クリックの『デモクラシー』によると、デモクラシーという言葉の使われ方は、4つのタイプに分類できるという。1つ目のデモクラシーの用法は、少数による支配と多数の同意の混合だ。少数の支配と多数の同意の混合ってわかったようなわからないような説明だな。この考えは古代ギリシャの哲学者、アリストテレスに見られると...

最初のデモクラシーはアリストテレス?

 

アリストテレスの6つの政体とは

古代ギリシャの大哲人アリストテレスは国の統治の方法を6つに分類した。まず統治者の数に着目し、統治者一人の政治体制(政体)を王政・君主政と僭主政に分けた。王政とは国王を何らかの方法で選び王が国を統治する仕組みである。王様を選ぶ方法はさまざまで、国王になるための資格も特になく、古代は外国人でも奴隷でも国...

アリストテレスの6つの政体とは

 

民主主義は、女神の国で始まった

古代ギリシャの大哲人、アリストテレスが「善き統治」としたのは、デモクラシー・民主主義ではなかった。プラトンやアリストテレスが生きたのは紀元前4世紀、古代ギリシャのアテナイ(アテネ)であるが直接民主制が始まってから年月がたっていて既に様々な問題点が見えていたらしい。因みに直接民主制というのは世界史で習...

民主主義は、女神の国で始まった

 

民主主義は戦争に必要だったから生まれた

民主主義・デモクラシーの起源は、古代ギリシャの都市国家アテナイの民会(エクレシア)だとされる。アテナイでは紀元前5世紀に、すでに直接民主制による議会があり、市民権を持つ成人男性は、アゴラという広場に月4回集まり、主に戦争に関する議題などを審議した。当時のアテナイの人口は、3万人の市民と、約6万人ほど...

民主主義は戦争に必要だったから生まれた

 

デモクラシーとはバカが当てずっぽうで賢者を支配する仕組み

古代ギリシャの哲人プラトンやアリストテレスは、デモクラシーを善くない統治と考えていた。というのも当時のアテナイでは、アゴラという広場に市民が集まって、民会という直接民主制議会を開いていた。しかしそれは教養の低い貧乏市民たちが自らの利益のために政治を利用しようという場に堕落していたらしい。少なくともプ...

デモクラシーとはバカが当てずっぽうで賢者を支配する仕組み

 

ギリシャ滅亡、デモクラシーはどこへ?

紀元前5世紀に直接民主制を打ち立てた古代ギリシャの都市国家アテナイ。ペロポネソス戦争敗北後は、衰退の一途をたどっていった。そしてスパルタを中心とするギリシャは宿敵ペルシャに対抗すべくマケドニアを盟主とするコリント同盟に参加しペルシャ帝国を滅亡に追いやる。マケドニアのアレクサンドロス3世(アレキサンダ...

ギリシャ滅亡、デモクラシーはどこへ?

 

共和政ローマのデモクラシー

イタリア半島のテヴェレ川下流に誕生したごく小さな国であったローマ王国。周辺国から有能な人物を選んで王位に就け、ジワジワと国力を伸ばしていった。また戦争で打ち負かした国の貴族や市民もローマ市民として受け入れ、彼らの持っていた様々な技術を貪欲に取り入れた。そうしてローマの王は、第6代まで民会での選挙や元...

共和政ローマのデモクラシー

 

共和政ローマの強さの秘密とは

王政から共和政へと移行したローマ。共和政というのは簡単に言うと「国王や君主がいない」というだけのことで、国王や君主の仕事は誰かがやらねばならない。なので国王や君主の仕事を代行する、コンスルという執政官を2人選出し、ローマの統治を行うこととなった。コンスルを選ぶ民会は、ケントゥリア民会(兵民会)という...

共和政ローマの強さの秘密とは

 

ギリシャとローマ、何が違った?

隣国の賢者を王位に就けたり、敵国の貴族や市民をも取り込んで国力を増していった古代ローマ王国。元々元老院や民会の発言権が強かったが紀元前5世紀にはもう、独裁的な行動を取った国王を追放し、王政を廃止して共和政に移行していた。そしてさらに身分闘争・階級闘争を経てだんだん貴族政とデモクラシーが補完し合う混合...

ギリシャとローマ、何が違った?

 

権力は平民に、権威は元老院に

イタリア半島の小さな都市国家ローマ。北にはエトルリア人、南にはギリシア人、さらに北方にはガリア人(ケルト人)が南下し、いつ消滅してもおかしくない状況が続く。そんな中で優秀な人物を国王につけたり、周辺諸国の貴族や市民たちをドンドン取り込んで勢力を拡大していった。そして元老院や市民の承認無しに国王位に付...

権力は平民に、権威は元老院に

 

ハンニバル、共和政ローマを蹂躙す

イタリア半島を統一した共和政ローマ、さらなる繁栄を求めて、東西の地中海の覇権を求め出す。東にはマケドニアやペルシャ、西にはカルタゴ。いずれも強国であり難敵であった。まずイタリア半島の南にあるシチリア島に勢力を伸ばしていたカルタゴを追い払うことを画策する。当時のシチリア島はカルタゴ勢力とギリシャ勢力が...

ハンニバル、共和政ローマを蹂躙す

 

内乱の一世紀、共和政も消滅

カルタゴの軍神ハンニバルをどうにかこうにか撃退したローマ。ところがこの勝利から実は共和政ローマの崩壊が始まっていく。というのもハンニバルがイタリア半島を荒らし回ったせいで、農地はグチャグチャ、貴族も4分の1が死亡。そこで台頭してきたのが、戦争で属州化した土地の利権を持つ貴族たちである。属州というのは...

内乱の一世紀、共和政も消滅

 

インペリウム 共和政の終了

共和政から帝政へ移行したローマ。あれほど君主制を嫌っていたローマが、なんと皇帝を君主に据えることになってしまう。その背景には、拡大する領土に対して、民主的な統治システムが作れなかったことがあるだろう。喜んでローマの同盟都市になった国ならまだしも、戦争で討ち滅ぼした国では反ローマ闘争が繰り広げられた。...

インペリウム 共和政の終了