ヨシモトに学べ。日本復活とジャパニーズ・ドリームの鍵はヨシモトにあり

ヨシモトに学べ。日本復活とジャパニーズ・ドリームの鍵はヨシモトにあり

世界の行政改革と日本

吉本の歴史は、タレント発掘の歴史

東京秋葉原からスタートし、今や
全国各地に姉妹グループを展開するAKB48。

 

それぞれの地域の地元出身のメンバーを集め、
地域で活動するというコンセプトがうけ、
それぞれの地域で大人気となっている。

 

しかしこういう地方ビジネスを拓いたのは、
実はNMB48でタッグを組んでいる
吉本興業の方が先で先駆者である。

 

AKBが名古屋、大阪、博多と地方展開しているように
吉本興業も札幌・名古屋・広島・博多に事務所を開き、
それぞれの地方で独自にタレントを養成している。

 

そしてそこから全国でも名前が知られるようになった
人気芸人やタレントも誕生している。

 

たとえばタカ・アンド・トシは札幌吉本出身だし、
博多華丸・大吉は福岡吉本出身だ。

 

カンニング竹山も元は福岡吉本だし、
最近人気のスギちゃんも、実は名古屋吉本がスタートだ。

 

しかし吉本興業がなぜそんな
地方展開を始めたのかというと、動機が面白い。

 

というのも元は『桂こつぶ』という若手落語家が、
子供の病気治療のために北海道に移り住むと決心し、
それを聞きつけた吉本幹部が「それなら札幌に事務所を開こう」
「札幌に作るなら福岡にも作ろう」というところから始まっているのだ。

 

しかし地方に事務所を置くだけではビジネスにならない。
地元のテレビやラジオに出演させる芸人も必要だ。

 

だけど大阪から一々芸人を派遣すると
コストばかりかかって儲からないから、
地元でやる気のある若者を集めて芸人を育てよう。

 

そう言うわけで各地にタレント養成スクールを開いて、
地方芸人を育て始めたわけである。

 

こんな事をやっている芸能プロダクションは、ヨシモトしかない。

 

ではなぜこんな事をやっているのか、
どうしてこんな事を始めて上手く行っているのか。

 

戦後の吉本興業のタレント発掘&育成の歴史を見てみよう。

 

ここにはAKBプロジェクトとたくさんの共通点があるし、
日本の経済復活にも様々な貴重なヒントがある。

 

NEXT:建物を建ててもタレントがいないと始まらない。



スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨシモトに学べ。日本復活とジャパニーズ・ドリームの鍵はヨシモトにあり関連ページ

日本を立て直すために必要なことは、行政改革と経済成長の二つ
経済成長に必要な2つの要素は人口増加と有効投資
イギリスの産業革命は、農業革命による人口爆発があってこそ起こった
貴族や紳士の真似をしたい!キャラコの大ヒットが産業革命を生んだ
40代人口が増えると経済は発展する。40代人口が減ると不景気になる。
人口減少社会では、公共施設は作らなくても既にあるから作らなくても良い
人口も減り、ハングリー精神もなくなった日本では、経済成長は無理?
AKB前田敦子が免許を取るだけの番組に、TOYOTAがお金を出す理由
実質GDPは増えている。給料は増えないが、買えるモノは増えている。
AKB48にヒントあり?ハングリーでなくても、かなえたい夢はあるはず。
名古屋発SKE48の成功が意味するもの。地方でもできる!
NMB48はなぜいきなり売れた?吉本興業の情熱と、地域パワーが結実
ビジネスは人が肝心。建物を建ててもタレントがいないと始まらない。
新しい時代には、新しい人間の活躍が不可欠
学校なんかで、お笑いを教えて、上手く行くはずがないとみんな思ってた
何も教えてくれない学校なのに、なぜか人気者が続々誕生し始めた。
ローカル戦略と競合他社との共同戦線で、お笑い業界のパイを拡げる
「お約束」という成功フォーマットの共有が、新しい笑いを切り拓いた。
事務所の垣根を越えて、他のメンバーを引き立て合うのが今の時代。
吉本とAKBの成功方程式(1)やる気第一。やりたい人間を集めて鍛える
吉本とAKBの成功方程式(2)現場主義。とにかく現場でトライアンドエラー
吉本とAKBの成功方程式(3)型重視。成功するフォーマットを共有・発展
吉本とAKBの成功方程式(4)マスカスタマイズ。地方の力で全国展開