ローカル戦略と競合他社との共同戦線で、お笑い業界のパイを拡げる

ローカル戦略と競合他社との共同戦線で、お笑い業界のパイを拡げる

世界の行政改革と日本

お笑いの文化がない地に、お笑い文化を広める

NSC(吉本芸能学院)の成功で、
タレント発掘のノウハウを獲得した吉本興業。

 

所属タレントの北海道移住をチャンスと捉え、
今度は札幌に事務所を開き、
北海道でもタレント養成を始める。

 

さらに札幌に事務所を置くならと、
福岡や名古屋、広島や仙台などにも事務所を置いて
地方タレントを発掘し地方マスコミに仕事を開拓し始めた。

 

ヨシモトの芸人と言っても全てが関西出身ではなく
実は全国から集まってきている。

 

なので東京や大阪で芽が出なければ、
出身地方へ戻して地元で活動させ仕事を開拓させるという戦略だ。

 

「お笑い」という文化が存在しない地方で、
「お笑い」という文化を広める先兵として
彼らは地元に送り込まれたわけだ。

 

そして2011年にはとうとう全国47都道府県に社員と芸人を住まわせ、
さらなる地方ニーズを掘り起こす戦略に乗り出した。

 

その結果、北海道や九州で育ったタレントの中からも、
東京に進出して全国的な知名度を獲得する者も現れ始め、
日本各地にお笑い文化を広めることに成功した。

 

そしてさらに2001年から10年間に渡り、
Mー1グランプリというコンテストを開催し、
競合他社である他事務所の若手漫才師と
漫才芸を競うということまで始めた。

 

それまでのヨシモトは、自社制作の番組では、
他事務所のタレントを使わなかったのだが、
ここからどんどん他事務所のお笑いタレントと積極的に交流を図り、
お笑いビジネスの裾野を広げる戦略に転換していった。



競合他社と共同戦線を張ってパイを拡大する

全国の大都市に事務所を構え、
お笑いの地方進出に力を入れだした吉本興業。

 

さらにはM−1グランプリを開催し、
他事務所の漫才師と漫才を競うコンテストを始めた。

 

それまでの吉本というのは、自社で番組を作る場合、
他事務所のタレントを入れずに、
吉本所属のタレントしか使わなかった。

 

当時既に200人前後のタレントを抱えていた吉本だから、
他事務所のタレントなど使わなくても良かったのだ。

 

なので他事務所(松竹芸能)の、
ますだおかだが第2回のM-1グランプリで優勝して、
吉本制作のバラエティー番組に出演したときには、
「前代未聞」とか「画期的」などと言われた。

 

とくに松竹と吉本は関西ではライバル関係で、
当時の関西ではもう、それぞれの所属タレントが、
同じ番組で顔を並べることは少なくなっていたのだ。

 

しかし東京進出が本格化すると、
ヨシモトは積極的に他事務所のタレントと交流を始める。

 

東京の芸能界で勢力を伸ばすには、
他事務所のタレントと仕事を取り合うより、
協同で「お笑い」のパイを大きくするのが得策だと判断したらしい。

 

そしてまた東京のテレビ局では、
吉本と松竹の芸人のバッティングなど気にせず、
とにかく勢いのある芸人を集めて番組を作ったから、
ダウンタウン(吉本)とウッチャンナンチャン(マセキ芸能社)
ナインティ・ナイン(吉本)と、よゐこ(松竹)などという、
関西では考えられないような組み合わせも生まれ、
そこでまた新しい笑いが誕生することになった。

 

NEXT:「お約束」という成功フォーマットの共有が、新しい世界を切り拓いた。


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

ローカル戦略と競合他社との共同戦線で、お笑い業界のパイを拡げる関連ページ

日本を立て直すために必要なことは、行政改革と経済成長の二つ
経済成長に必要な2つの要素は人口増加と有効投資
イギリスの産業革命は、農業革命による人口爆発があってこそ起こった
貴族や紳士の真似をしたい!キャラコの大ヒットが産業革命を生んだ
40代人口が増えると経済は発展する。40代人口が減ると不景気になる。
人口減少社会では、公共施設は作らなくても既にあるから作らなくても良い
人口も減り、ハングリー精神もなくなった日本では、経済成長は無理?
AKB前田敦子が免許を取るだけの番組に、TOYOTAがお金を出す理由
実質GDPは増えている。給料は増えないが、買えるモノは増えている。
AKB48にヒントあり?ハングリーでなくても、かなえたい夢はあるはず。
名古屋発SKE48の成功が意味するもの。地方でもできる!
NMB48はなぜいきなり売れた?吉本興業の情熱と、地域パワーが結実
ヨシモトに学べ。日本復活とジャパニーズ・ドリームの鍵はヨシモトにあり
ビジネスは人が肝心。建物を建ててもタレントがいないと始まらない。
新しい時代には、新しい人間の活躍が不可欠
学校なんかで、お笑いを教えて、上手く行くはずがないとみんな思ってた
何も教えてくれない学校なのに、なぜか人気者が続々誕生し始めた。
「お約束」という成功フォーマットの共有が、新しい笑いを切り拓いた。
事務所の垣根を越えて、他のメンバーを引き立て合うのが今の時代。
吉本とAKBの成功方程式(1)やる気第一。やりたい人間を集めて鍛える
吉本とAKBの成功方程式(2)現場主義。とにかく現場でトライアンドエラー
吉本とAKBの成功方程式(3)型重視。成功するフォーマットを共有・発展
吉本とAKBの成功方程式(4)マスカスタマイズ。地方の力で全国展開