ソブリン債リスクとユーロ危機

ソブリン債リスクとユーロ危機

公務員厚遇と裏付けのない年金支給が、財政を破綻させた

2010年に起きたユーロ危機も、
世界の金融システムを大きく揺るがした。

 

事の発端は、ギリシャの2009年の選挙で
政権交代が起こったことであった。

 

新しい政権が予算を組もうと財政状況を調べたところ、
それまで発表されていた財政赤字の金額が、
なんと全くのウソだったことが発覚した。

 

発表ではGDP比4%だった財政赤字が
実は13%以上もあって、
累積債務もGDPの110%超。

 

ギリシャは人口1100万人ほどの小国で
GDPは35兆円ほどだが、
毎年毎年4〜5兆円ずつ赤字が増えていたって事で、
ギリシャの国債・ソブリン債は危ないって事が分かってしまった。

 

そしてポルトガルやアイルランド、スペインやブルガリアなども、
対外債務が発表よりもかなり多いと言うことが次々と発覚した。

 

これらの国々を総称してPIGS(ピッグス)と呼ぶが、
PIGSに共通するのが、豊かな年金と公務員の高待遇であった。
ギリシャなどは、労働人口の25%が公務員で、
平均寿命は78才なのに、なんと50才から
年金が支給されると言う有様。

 

いくら観光客がたくさん来る国だと言っても、
食糧自給もできない国だし、
こんな金、一体誰が稼いでいるんだろうと思ったら、
借金で年金をまかない、公務員の給料を払っていたわけだね。


スポンサードリンク

信用創造とは、風船をふくらませている状態

それにしてもGDP比13%、
5兆円弱赤字を毎年垂れ流すなんて信じられない。

 

日本で考えるとGDPは約500兆円だから、
13%なら65兆円ってこと。

 

さすがに労働者の四分の一が公務員で、
年金も50才から支給すると
毎年それくらいの信じられない赤字が
出てしまうって事だろうね。

 

ギリシャの放漫財政で困ったのが、
本家EUメンバーのフランスとドイツ。

 

ギリシャ国債やソブリン債(政府保証の様々な債権)を
イギリスやドイツ、フランスなどの銀行や投資家が、
山ほど買い入れていたもんだから大騒ぎ。

 

もし仮に2001年のアルゼンチンのように、
ギリシャがデフォルト宣言したら、
ギリシャ一国の問題ではなく、ユーロ全体が沈没しかねない。

 

ユーロに通貨統合する条件は、
単年度赤字がGDP比3%以内で、
累積債務もGDP比60%と言うもので、
これを維持するという厳しいモノだったが、

 

ギリシャが通貨統合条件を、
まさかここまで守っていなかったとは。

 

しかもそれを隠して国債を発行していたわけだから、
信用失墜も甚だしい。

 

しかしギリシャは独自通貨を発行しているわけではないから、
変動相場制にして為替レートで調整すると言うこともできない。

 

金融とは「信用創造」であるから、
信用収縮が起こると一気に大不況が襲ってくる。

 

2年前もサブプライムローンとリーマンショックで
えらい痛手を負ったところだ。

 

だから間近に迫ったギリシャ国債が
キチンと償還されなかったらヤバいということで、
ECB(ヨーロッパ中央銀行)はギリシャに対して
緊急融資を行い穴埋めした。

 

国債発行額を毎年GDP比3%以内に抑える事を条件に、
3年間で14兆円もEUやIMFが支援することになった。

 

そしてユーロ参加国全体に適用される
支援システムが矢継ぎ早に打ち出され、
ヨーロッパの主要銀行に、
どれくらい体力があるかのストレス・テストが行われた。

 

NEXT:失われた10年と信用創造

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加