モノが行き渡った経済で起こったこととは

モノが行き渡った経済で起こったこととは

同時性とリ・エンジニアリング

工業社会では「同時性」が富を増やす。
その直接の原因は、
製造コストが削減できるからだ。

 

たとえば住宅を建てるとき、
予定通り作業が進まないと、
さらに完成は先に伸びることになる。

 

というのも水回りの工事や配線工事は、
専門の業者がやる事が多いからだ。

 

こんなとき、今日できなかったから明日に順延しようとすると、
「明日は別のところで仕事があるので次は数日後。」
なんて言われて、一週間も納期がずれたりする。

 

水回りの工事や配線工事が終わらないと、
水道会社や電力会社の工事もできないし、
内装工事の方もドンドン遅れていくので、さらに完成が遅れる。

 

遅れるバスは、さらに遅れる」というが、
そうして無用のコストがかかっていく。

 

トヨタのJIT(ジャスト・イン・タイム)生産方式というのは、
そう言う遅れを、可能な限り
減らしていこうという生産方式であったわけだ。

 

トヨタの自動車生産に関わる生産主体が、
みんなでタイミングを意識して上手く合わせる。

 

それによって、遅れによる損失が最小限に抑えられ、
同じ労働投入量でも、より多くの利益を得ることができたわけだ。

 

一方、リ・エンジニアリングについても研究が進んだ。

 

リ・エンジニアリングとは、高度に専門分化された現代企業を、
いかに効率よく経営していくかという学問・手法だ。

 

企業の組織や運営を、市場変化や経営状況に即して、
常に再構築し作り直していく方法を論じたものである。

 

こういう事が論じられ、そして多くの企業で採用されていった背景には、
欧米や日本で高度経済成長が終わり、
モノが売れなくなった」ということがあるだろう。



少品種大量生産から、多品種少量生産へ

工業化が進み、物資の生産が増えると、
人々は競ってモノを買うようになる。

 

モノを持っている人は幸せそうに見えるし、
逆に持っていない人は不幸に感じる。

 

物資がないときには、
きれいな服を着たくても着られなかったし、
食べたいモノがあっても食べることができなかった。

 

だから工業化による大量生産で
物資が手にはいるようになったら、
みんな競ってそれを手に入れたわけだ。

 

こう言う時代には、とにかく商品をたくさん作って
在庫しておけば売れるので、
なるだけ大量の資源を投入して、
大きな工場でたくさん作る方法を考えればよかった。

 

産業革命・工業化のキーワードは、
標準化・専門化・同時化・集中化・規模の極大化だが、
規模の極大化というのは、
モノをドンドン作っても売れた時代に大いに有効だったのだ。

 

ところが買いが一巡して、
欲しい人が欲しいモノをすでに買ってしまった状態では、
大量生産されたものは、「コモディティ」、
いわゆる「ありふれたもの」になってしまい、
価値があるものとは見なされなくなって、売れなくなってしまった。

 

そして売れるのはコモディティではなく、
顧客の収入やニーズにあった商品や
適度にカスタマイズされた「マス・カスタマイズド製品」と言う時代になった。

 

小さな車が欲しい、燃費のよい車が欲しい、
とにかく安全な車が欲しい、スポーツカーが欲しい、
キャンプなどにも使える車が欲しい… 

 

顧客のニーズは様々だし、同じ車種の自動車でも、
車体の色やシートのタイプ、内装など、
様々なバリエーションから選択されるようになった。

 

そうして製造業は総じて「少品種・大量生産」から
「多品種・少量生産」へと舵を切らざるを得なくなり、
それと同時に「同時性」を
最重要視しなければならなくなったわけである。

 

NEXT:情報社会の富を損なっているモノとは

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加